マジスカ!これが俺のヘルシー美学!


by rakutsuki15

目に良いブルーベリーにも副作用がある?

サプリメントに使われるブルーベリーには、副作用はあるのでしょうか。

ブルーベリーの有効成分が食品から抽出したものなので、ほとんど副作用の心配はいりません。長い間に渡って、数多くの人たちが摂取しているのですが、その間に大きな副作用の報告はないために、安全性を確認する研究はありません。それだけ安全な成分であることが、認識されているのです。

しかし、大量に摂取すると、ごくまれに、神経や胃腸の障害、お肌のトラブルなどが起こる可能性もあります。ですが、健康面での副作用が問題になったことはありません。

副作用という観点からブルーベリーをみると、ブルーベリーに含まれているアントシアニンの割合がポイントになります。通常のサプリメントに配合されるくらいのアントシアニンの量なら、ほとんど心配は必要ないでしょう。

副作用が起きないだろうブルーベリーの摂取量は、36%のアントシアニンの配合量で、160~480mgと考えられます。だいたい、これくらいの量であれば、問題はないはずです。

また、目の疲労回復の改善が目的でブルーベリーを摂るのなら、少しくらいは多めにしても問題ないと思われます。ただ、ブルーベリーは、血液を固まりにくくする作用を持っています。

血栓症や出血症などの病気の治癒ために摂取するのなら、注意が必要です。治療薬を服用している場合は、何かの影響がでる可能性があります。その場合は、医師に相談をしてください。


[PR]
by rakutsuki15 | 2015-01-17 00:46